カウンセリング 大阪

大阪市中央区心斎橋

アビエルトのロゴ

オンラインカウンセリングのアビエルト >
カウンセリングについて >
メンタルヘルスについて解説

メンタルヘルスについて解説

リフレッシュする女性のイメージ
 
メンタルヘルスとは「精神(メンタル)の健康(ヘルス)」という意味であり「精神的な疲れやストレス、悩みの予防と回復」を目的とします。

メンタルヘルスが健康である条件
「身体的」「社会的」「精神的」に良好であること。

身体的に良好であること
十分な睡眠や休息をとる時間を持てている。病気でない。身体が疲れていない。食欲がある。

社会的に良好であること
仕事におけるストレスがなく、職場の人間関係が良好であること。また、その他関わっている環境においてのストレスが無い状態。

精神的に良好であること
悩み事がない状態。何らかの楽しみを持てている。イライラしていない。悲しんでいない。意味もなくもやもやしているような状態ではない。

燃え尽き症候群について

ハードワークしている人のイメージ
 
ネガティブな気持ちでいっぱいな時。仕事や家事の過密スケジュールによって、ゆっくりと休息できない時。引っ越しや仕事の移動、転校による環境の変化や人間関係の再構築をする時などによって、心身ともに余裕がなくなることがありますよね。

燃え尽き症候群とは、何らかを熱心に取り組んできた人が、一生懸命になりすぎた結果、以下のように心身が衰弱している状態を指します。

仕事や家事、趣味などの何らかに対して、やる気がでない。
身近な人や、関わる人への関心がない。
何かを達成したとしても、たいして嬉しさが沸きあがらない。
一時的ではなく、ずっと疲労感があり、気持ちに余裕がない。
こなしてきたハードワークが、今はつらく感じる。
頑張ってきたものの、存在意義や自分らしさについて考えてしまう。

こんな時には、まずは一時的にも、さまざまな事柄を手放して、しっかりと休息を取り、心や時間に余裕を持つことを目指しましょう。

カウンセラーに相談することで、自分らしさや今後の方向性のチェンジについて考えてみるのも、良いですね。

無力感を解消するために

自信を消失した人のイメージ
 
「自分には能力がない」「何にも手を付ける気がしない」「どうせうまくいくわけがない」「何をしても無駄だ」と、あきらめ気分になれば、今まで頑張ってきたことが馬鹿馬鹿しくなり、努力が無駄だと判断。無力感でいっぱいになることがあります。

もしかすると、自分1人で頑張りすぎてしまったか、もしくは、本当の気持ちを無視して理想で行動した結果、本音では何をしたいのかが、分からなくなってしまっているのかもしれません。

そんな時には、ぜひカウンセラーに相談することで根本的な理由を探り、無力感の改善に向かっていきましょう。

罪悪感を手放したい方に

すっきりした人のイメージ
 
「自分のせいで、不幸にさせてしまった」「自分のせいで、失敗に終わった…」と後悔したり、反省したりする気持ちや、「自分の存在で迷惑をかけている」と感じることを罪悪感といいます。

後悔したり、「自分は悪い」と感じたりすることは、あくまでもその人の価値観によって違っており、一般的に日本人は「こうであらなければ」と思う傾向があるため、罪悪感が強いとされています。

カウンセリングを受けることで、罪悪感を手放すことを目指しましょう。



予約先の電話番号
電話による受付:10~19時

ご予約・
お問い合わせ >>