abiertoロゴ

大阪市中央区・本町

アビエルトロゴ

聞き役と話し手の関係性

大阪のカウンセリングAbierto-アビエルト- > 心理カウンセリング マニュアル
 
アイスクリームの写真

人によって、「おしゃべりの度合い」や「自己開示の度合い=自分のことを話す度合い」は、まるで違うもの。心理カウンセラーだって、同様です。

たとえば、心理カウンセラーで「自己開示の度合い、すなわち自分のことを話す度合いが多い人」は、面談カウンセリングをするよりも、セミナー講師をする方が向いています。

>> そして、その人のお話を聴きたい方が大勢、集まるのであります。

私の場合はもっぱら「聴き役専門」みたいなところがあるかとは思います。→そして、個別にアドバイスをすることが好きなのではありまして。

>> こんな、私のようなカウンセラーは面談カウンセリング向きではありますね。

私自身、プライベートにおいても「聴き役寄り」なものですから、そんなバランスを取ってか…

知人などから「決して聴いてはいけないような秘密の話?」を聴いてしまった経験も、多いようには思えます(笑)

そんな体験がまさしく「仕事の糧(かて)」になっているとも云えるのですが(笑)

カウンセラーにしろ、そうでない方にしろ「話す側」と「聴く側」というのは、お互いに持ちつ持たれつ「バランスの取れた関係性」が自然と成立するようには思えますね! さて、あなたはどちらでしょうか? (^^)/

>> 話し手さんへ
どんな人に話を聴いてもらいたいですか?

>> 聴き手さんへ
どんな人の話が聴きたいですか?



予約先の電話番号
電話による受付:9時半~19時

ご予約・
お問い合わせ >>