大阪の心理カウンセリング アビエルト * 発達障がい者のお子さまに対する支援について

アビエルト カウンセリング 大阪 心理カウンセリング 大阪
( 淀屋橋・本町・北浜 )
カウンセリングのご予約 カウンセリング電話番号
トップページ 面談心理カウンセリング カウンセリング 大阪 講座 プロフィール カウンセリング 大阪 お客さまの声 場所 ご予約空き状況 お問い合わせ

大阪の心理カウンセリング <アビエルト>


発達障がい者のお子さまに対する支援について

アビエルトは発達障がい(ADHD、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害など)
におきましては専門としておりません
が、発達障がい者のお子さまに対する支援につきましては、
下記をご参照のうえ、専門家にご相談くださいませ。

*    *    *

自閉症者、情緒障害者(じょうちょしょうがいしゃ※)の
お子さまにに対する支援方法

≪特徴≫
自閉症者の多くは、○か×か、全か無か、勝つか負けるか、
という2分的な評価で視点で物事を判断する特性があります。
なので、何かしらにおいて「勝てば」自己肯定感は上昇し、
「負ければ」下がることになるのです。
その結果、自分が勝つまではゲームを終わりにしない行動、
勝った相手に厳しい言葉を吐く行動、負けたゲームにおいては
2度とトライしないような行動につながりやすいのです。
そのため、勝ち負けや白黒とは違った「共感的自己肯定感※」を周囲が作り出す必要があります。



※情緒障害(じょうちょしょうがい)
情緒の現れ方が偏っていたり、その現れ方が激しかったりする状態を、
自分の意志ではコントロールできないことが継続し、
学校生活や社会生活に支障となる状態のこと。
引きこもり、不登校、落ち着きがない、乱暴をする、
場面緘黙症(※ばめんかんもくしょう)など。

※場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)、選択性緘黙症
家庭などでは話すことができるのに、社会不安(社会的状況における不安)のために、
学校や幼稚園といったある特定の場面、状況では全く話すことが
できなくなる現象を言う。幼児期に発症するケースが多い。

≪※共感的自己肯定感の例≫
「教師との約束を守ることができた。」「ルールに従って行動できた。」
「友達に先に譲ることができた。」
「負けを認めることができた。」「活動の中で役割を果たすことができた。」

*    *    *

注意欠陥多動性障害者(ADHD)の
お子さまにに対する支援方法

ADHDの主症状である不注意や多動性・衝動性により、
学習面においては多くのつまづきが起きる傾向があります。

順序だてて情報を整理したり、手順に従って活動したりすることが苦手なため、
文章問題のような情報の整理・統合を必要とする課題を苦手としています。

注意や衝動性のため、全体での指示は通らない、
最後まで話が聞けない、突然話し始めるなどの特徴があります。

時々衝動的にカッとなってしまう場合には、気分をリフレッシュしたり
情緒を安定させるための「リラックスできる場」を用意してあげましょう。

*    *    *

学習障害者(LD)の
お子さまにに対する支援方法

読み書きに時間がかかる場合、ご本人の能力に合わせた情報を提供しましょう。

文章を読みやすくするために体裁を変える、拡大文字を用いた資料、ふりがなを付ける、
音声やコンピュータの読み上げ、聴覚情報を併用して伝える