カウンセリング 大阪

大阪市中央区心斎橋

アビエルトのロゴ

オンラインカウンセリングのアビエルト >
カウンセリングについて >
心療内科および精神科の違いについて

心療内科および精神科の違いについて

病院のイメージ

アビエルトのオンラインカウンセリングは医療機関ではありません。
アビエルトは心身症およびうつ病などの精神疾患におきましては、専門としておりませんので、ご了承ください。

心療内科と精神科はどちらも、心身の問題を診てもらえるという点で、共通しています。
どちらを受診すればよいかがわからない場合は、心療内科と精神科を両方併設しているクリニックで受診することが、おすすめです。

精神科および心療内科は、自分の心身を、薬で治療したい人に向いています。

精神科および心療内科で、話をじっくり聴いてもらう目的でカウンセリングを受けたい場合は、事前に病院へ問い合わせをする必要があります。

医療機関によっては、カウンセラーによる心理カウンセリングが受けられるケースもあります。

ただし、病院で医師免許を持っていないカウンセラーがカウンセリングをおこなう場合は、保険がきかないため、かかる費用はすべて自己負担です。

一方、医療機関によっては、「病院ではなく、カウンセリングルームに行ってください」と、助言をされるケースがあります。
 

精神科および精神神経科の特徴

落ち込んでいる人のイメージ

精神科と精神神経科は、同じ診療科であり、さほど違いはありません。
どちらにおいても、心の症状または病気の診療および治療を行います。

たとえば、双極性障害、発達障害、依存症、統合失調症、強迫神経症、外傷後ストレス障害(PTSD)、脅迫性障がい、および、以下のような症状があります。

  • 気分症状
    落ち込み、いらいらする、落ち着かない、抑うつ症、気分変調症、双極症、など
  • 睡眠症状
    睡眠・覚醒障がい、眠れない、眠り続ける、など
  • 精神症状
    幻聴、幻覚、など
  • 神経認知症
    認知症、軽度認知症、せん妄症、こだわり、物忘れ、など
  • 不安障がい
    うつ病、躁うつ病、統合失調症、パニック障がい、など
     

ストレスと身体が専門の心療内科

不眠症のイメージ

心と体は影響し合っており、心療内科では、気分の落ち込みやストレスなどの心理的な要因から身体にあらわれる症状である、心身症を診察および治療の対象としています。

神経症やうつ病などの精神障がいは、専門としておりません。

たとえば、神経性胃炎、胃潰瘍、神経性嘔吐症、食欲不信、狭心症、動悸、頭痛、睡眠障がい、腹痛、めまい、下痢、高血圧、ぜんそくなどがあります。

心療内科では内科と同様に、身体の診察や血液検査などをおこなっています。

さらに、身体に起こっている症状の治療だけではなく、原因となっているストレスの元になった出来事についても、話し合います。

自律神経失調症について

頭痛のイメージ

病気が特定できない不定愁訴が現れている場合は、自律神経失調症がおきているかもしれません。

自律神経失調症は、ストレスまたは、生活リズムの乱れが原因で身体が緊張し、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて起こる、心身の症状です。

たとえば、頭痛、めまい、動悸、息苦しさ、震え、全身のしびれや痛み、便秘、下痢などがあります。



予約先の電話番号
電話による受付:10~19時

ご予約・
お問い合わせ >>