abiertoロゴ

大阪市中央区・本町

アビエルトロゴ

「ひらめき度」の向上について

大阪のカウンセリングAbierto-アビエルト- > 心理カウンセリング マニュアル
 
公園の写真

カウンセリングの勉強をしていた頃(2005~2008年、32~35歳)のエピソードになります。

あの頃は不思議なもので、私自身ちょっとした霊感みたいなものを持っていて、それはカウンセリングスクールに行っていたがゆえに、勉強仲間の「霊感がうつって」しまっていたようです(汗)

他者を見るだけでなんとなくその人の職業が解るとか、そういうのがあったのですよ。
|д゚)

他の方に聴いても、そういうケースが(人によっては?)あるみたいで、当時の私はそんな能力に恐怖を感じたことが理由で…

いったんはカウンセリングの勉強およびカウンセラーを目指すことを一切、捨ててしまいました。

それから、しばらくたってからカウンセリング活動を再開したのですが…あーら不思議…

今ではあの時の霊感みたいなものはなくなったのですが、カウンセリング中の「ひらめき」で云えば今の方が断然優れております

特別な才能なんておそらく(?)必要ないんですよ。
(^^♪

包丁使いに慣れてくると「トントン」といつのまにか素早く切れるようになるが如く、ただ単に「思いっきり聴きまくった」がゆえ、「ひらめき度」が高まったのだと思います。

今までに聴いた話から、「ああ、AだからBよね?」なパターンが沢山増えるから、それが単に「ひらめき度」の元になってるかとは思いますネ。


予約先の電話番号
電話による受付:9時半~19時

ご予約・
お問い合わせ >>