心理カウンセリング

カウンセリング 大阪

電話番号 090-5897-2682(電話による受付:10~19時) * 大阪市中央区
地下鉄(大阪メトロ)淀屋橋駅・本町駅・北浜駅より各徒歩10分

来談者中心療法について

カール・ロジャースが提唱。相談の対象者を患者(patient)ではなくクライエント(来談者)と称したのは彼が最初であります。

来談者中心療法においては、カウンセラーは過去の精神分析医のように自らの知識をひけらかすようなことはせず、また、相談者に「こうすべき」といった強要もせず、クライエントの言動を判断したり評価したりしないで、

傾聴
(けいちょう)(話に耳を傾けること)

でもってクライエントの気持ちに寄り添って共感的に理解し、受容(じゅようすること
が大切であると強調しました。

アビエルトのカウンセリングは、傾聴(けいちょう)とアドバイスをバランスよく織り交ぜながらカウンセリングいたします。


アビエルトのカウンセリングの特徴

また、来談者中心療法では、
「頭でやりたいと感じていること」(理想)と
「本音でやりたいと感じていること 」(考えずとも、自然に行動したくなること)

のずれが大きいと、心の病気が引き起こされるとしていいます。

ロジャーズは1942年(昭和17年)に『カウンセリングと心理療法』を著し、その中で
「心理療法は医学博士号がなくてもできる。」


という明確な仮説を打ち出したことが契機となって、

非医学的かつ非分析的な 観点に基づくカウンセリングおよび心理療法が急速に発展しました。
*   *   *
木の写真

アビエルトからの提案


本音でやりたいと感じていること(考えずとも、自然に行動したくなること)を自己認識しもっと幸せになるために、自分らしくあるために。

>> 自分自身の良さを知る。
(自分自身の欠点よりも長所を意識する。)

>> 行動できていない理由
「こうあるべき」と思い込んでいる事柄を知る。

>>(過去のトラウマなどにしばられすぎて)
なかなか上手くいかない問題の原因を知る。

>> 私自身が本当に望んでいることや、価値観を知る。

>> 誰かしらの声に耳を傾けすぎていないか?
自分自身の価値観を大切にしているかどうかについて考えてみる。